CD、レコードを枚数で自慢するうちはまだまだ、5トントラックの台数からが本番!